走る馬は美しい 賭けない競馬の楽しみ

競馬はロマンという人もいるけれど、基本的にはギャンブルです。性格によって馬券の賭け方が違います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
走る馬は美しい 賭けない競馬の楽しみ

競馬は賭け事、性格で変わるギャンブルの有り様

競馬は好きな競走馬を応援したり自分なりにレースの展開や結果を予想したり、いろいろな楽しみ方のできるギャンブルです。その中には元手を増やすために、純粋に賭け事として真剣に勝負している人もいるでしょう。馬券の賭け方にその人の性格が表れたりします。銀行の利子より率が良いということで、固い本命対抗に大金を賭ける質屋さんがいました。たとえ配当が10円しか付かなかったとしても、元手が大きければ利益も大きくなります。逆に損してもそれほど気にならない範囲で遊ぶ人もいます。そういう人は高額を賭けないので、たとえ可能性は低くてもくれば万馬券になるような組み合わせを選んだりします。100円かけて110円払い戻しされても面白くないからです。私はこのタイプですが、レースが始まるまで既に当たった気になってニヤニヤしてしまいます。友達は少額しか賭けないけれど、消して人気薄同士の穴馬券を買いません。ハズレが続くとつまらなくなるので、配当金額よりとにかく当てる事が大切だといいます。他にもいろいろなタイプがいると思います。

時々当たり馬券を教えますといったDMが届くことがあります。昔は厚くて質のいい紙を惜しげもなく使用していましたが、だんだんコピー用紙みたいな紙になってきました。内容にも流行りがあるのか、同じ時期に別の所から似た内容のDMが送られてきます。信じられないので試してみる気はあてはありませんが、夢で見た公式を使えば勝ち馬が分かるとか嘘臭すぎて読み物として面白いものもあるので一応目を通します。

Copyright (C)2017走る馬は美しい 賭けない競馬の楽しみ.All rights reserved.